まずは基本となるビッグ3のやり方を学びましょう
How to ガイドはこちら
スポンサーリンク
基礎知識

スクワットやデッドリフトと腹筋

スクワットやデッドリフトである程度腹筋も鍛えられるため、他の体幹のトレーニングは不要と考えている人は少なくありません。 しかし、実際はそれは正しくないようなので、その辺りの解説をしてみたいと思います。 スクワットやデッドリフトは腹筋への刺...
基礎知識

筋肥大のための重要な要素「Effort(エフォート)」について

筋肥大を目的とした場合、ボリューム(volume)と並ぶ重要な要素として、エフォート(effortt)というものがあります。 今回はこのEffortについての解説です。 エフォート(effort)とは effortは、努力と訳されること...
コラム

ほとんどの人に年齢に関係なく筋力の伸び代がある

今回は筋力と年齢の関係について考察した内容が大変興味深かったので紹介させていただきます。 元サイト; 年齢とテストステロンの分泌量の関係筋肉を増やす主要なホルモンであるテストステロンの分泌量は、年齢を重ねるにつれて減っていきます。 ...
プログラム

リフターにとってのコンディショニングの意義

リフター(とくにパワーリフターやウエイトリフター)にとっての至上命題は競技種目での挙上重量の向上です。 そのために最も重要なことは競技種目の反復練習であることに疑いの余地はなく、柔軟性や可動性や持久力の向上は競技においては最優先課題で...
プログラム

高頻度トレーニングは有効か?週3回と週6回の比較

試験概要 背景筋力トレーニングでは、筋肉量の増加が見られます。 これはワークアウトによって筋肉タンパク質合成(MPS)が促進されることが原因です。 タンパク質の合成が分解を上回ると筋肉の量は増えていきます。 トレーニング経験の乏しい人...
下半身

スクワットのスティッキングポイントを通過するための技術論

スクワットに失敗するパターンの多くは、ボトムポジションから全く立ち上がれないか、スティッキングポイントを超えられないかの2つです。 ボトムポジションから立ち上がれないのは単純に筋力の問題であることが多いですが、スティッキングポイントを超えら...
基礎知識

オールアウトを避けることが筋肥大の効率化につながる

  近年では、動作不能となるまで反復しないトレーニングの方が優れた結果が出るとされています。その原因として、優れた疲労管理があげられました。 動作不能となるまで行うトレーニングは、毎回のワークアウトが非常に高い強度負荷となるため、適切な回...
食事

間欠的断食(ファスティング;IF)とパフォーマンス

インターミッテントファスティング(IF)は、間欠的断食と訳され、一定期間中食べ物を食べるのを止めて、食べる時間帯にはカロリーを自由に摂取するという食事法です。 ファスティングの利点として、体脂肪の減少や炎症の改善や各種代謝性疾患リスクのマー...
基礎知識

ビッグ3のフォーム・やり方のガイド

ここでは初心者から上級者まで、多くのトレーニーにとって必要なビッグ3と呼ばれる「スクワット、ベンチプレス 、デッドリフト」のやり方のガイドのページを紹介します。 スクワットのフォーム・やり方のガイド ベンチプレス のフォーム・やり方のガイド...
プログラム

筋トレの補助種目の必要性について考える

世の中には無数の筋力トレーニングの種目があります。 しかし、実はその中から本当に選択すべき種目というものは限られています。 中核種目と補助種目 エクササイズの分類は様々なものがありますが、ここでは中核種目(コアエクササイズ;core ex...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました