2016年7 月肉体改造経過

SNSフォローボタン

フォローする

2016年7月の肉体改造の経過です。

7月も6月に引き続き減量をしてみたのですが、どうにもいろいろとうまくいきませんでした。今回はそのあたりを振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

画像

imageimageぱっと見た目は先月までと大きな変化はありませんが、自分では少し腕の血管が目立つ感じとか、力を入れた時の腹斜筋や前鋸筋が目立つ感じとかを感じるようになりました。

データ

体重

減量によって体重は71.9㎏から70.2㎏となって前回から-1.7㎏です。体脂肪率は14.4%で横ばいでした。

体重の減りのわりにはあまり体脂肪率は減りませんでした。

トレーニング記録(推定MAX)

ベンチプレス 97.5㎏(-10.0kg)

デッドリフト 170㎏(‐10.0㎏)

スクワット 150.2㎏(-9.8㎏)

今月はここが一番問題です。トレーニング記録がどれも軒並み低下しました。

実測値も同様に全て悪化しています。(各97.5㎏:-10.0㎏、170㎏:-10.0㎏、135㎏:-5㎏)

減量するとここまで重量が下がってしまうものなのでしょうか。先月はここまでの顕著な低下はなかったのでやっぱりどこか失敗しているのかと思います。

減量失敗しているなと感じる点は他にもいくつかあって、とくにちょっとふらついた感じとか、朝起き抜けにだるさが残る感じとか、これまでにあまりない不快感を感じたのが象徴的でした。

そのようなところから、実は7月の最後の1週間はあまり気にせずに食べたい分だけ食べていました。その辺のところも作用してか、最終的な体重はちょっとリバウンドしていると思います。

あとは減量中はとにかく睡眠が大事だなと痛感しました。ただでさえエネルギー不足なのに、睡眠まで不足すると本当にけだるい感じが慢性的に続きました。

とりあえずすぐには増量はしないつもりですが、食事量はこれまでより少し増やして、体重維持するくらいのイメージで過ごしてみようと思います。あまり急な減量をしたつもりではなかったのですが、月に2㎏を越えるペースの減量になると自分にはしんどいのかもしれません。

続いて各種目の反省について。

ベンチプレス。再び100㎏の壁を抱えてしまいました…。バーを下ろす位置がまたうまくいきません。足側に下げ過ぎてしまうみたいで、上げようとしたときに力が逃げてしまいます。10回前後できる重量をメインにしてフォーム固めにいそしもうと思います。

デッドリフト。先月180㎏クリアもできたことですし、170㎏まではまずまずスムーズに上がるので、今月も再度180㎏にチャレンジしたところ…やってしまいました。腰にビッとした違和感が出現…。幸い一瞬で上げるのをやめたので日常生活では大したことはありませんでしたが、その後1週間はスクワットやその他の種目に影響が出てしまいました。懲りずにまた挑戦していこうと思いますが、しばらくはちょっと怖いので様子をみながらいきたいと思います。

スクワット。デッドリフトでの故障もあり、スクワットは無理せずにいきました。軽めの重量でドロップセットを組んだり、フロントスクワットを増やしてみたり、ブルガリアンスクワットをしてみたりといった感じでした。ただそれで良い結果もあって、バックスクワットで後ろにしゃがんでハムストリングスとか臀部がストレッチされる感覚を感じることができるようになりました。その感覚を今後また重量を増やしていくときに活かせたらと思います。

Copyright secured by Digiprove © 2016
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク