プログラム

スポンサーリンク
プログラム

筋トレの補助種目の必要性について考える

世の中には無数の筋力トレーニングの種目があります。 しかし、実はその中から本当に選択すべき種目というものは限られています。 中核種目と補助種目 エクササイズの分類は様々なものがありますが、ここでは中核種目(コアエクササイズ;core ...
プログラム

40〜50代を超えてからの筋力トレーニング

高齢者の体の変化 年齢を重ねると、様々な機能の低下が起こってきます。 自身の体の動きや位置を感じる能力が落ち、バランスが低下しやすくなります。 関節は長年の使用による炎症や、使用しなかったことによる拘縮により可動域が制限されてきます。...
プログラム

予定通りワークアウトできなかったときの修正法

プログラムを事前に決めても、急な予定が入ったり体調不良などで、予定通りに実施できないことがあります。 予定が狂ったときは、往々にして栄養摂取や睡眠も不十分となりがちです。 今回は、予定通りトレーニングできなかった場合の対処法についてです...
プログラム

ビッグ3を強くするためのプログラム〜初心者から中級者まで〜

現在インターネットで閲覧できるようなプログラムは、トレーニーの経験値のある特定の期間でしか機能せず、連続性がないものばかりです。 これでは伸び悩んでいる多くのトレーニーの悩みを解決するには足りないと思います。 今回は全くの素人から数年間...
プログラム

トレーニングボリュームとトレーニング効果との関係

ボリュームとトレーニング効果の関係 ボリュームとトレーニング効果(例えば、筋肥大や最大挙上重量の向上)の関係はどのようになっているのでしょうか? この2つの要素は単純な比例関係ではありません。 ある程度まではボリュームを増やせば増やす...
トレーニング

胸、背中、脚での推奨トレーニングボリューム

今回は、胸部・背部・大腿四頭筋・ハムストリングスのMV、MEV、MAV、MRVについてです。 胸部 MV(維持量) ある程度経験を積んだ人は、最低週8セットが維持に必要です。 MEV(最小有効量) ある程度経験を積んだ人は、最低限...
トレーニング

MRVの見つけ方をさらに詳しく解説

前回の記事のキーワードである4つの指標(MV、MEV、MAV、MRV)のうち、MRVについて、今回はさらに詳しく解説していきます。 MRVとは MRVはmaximal recoverable volume(最大回復可能量)の略です。 ...
プログラム

筋肥大のためのトレーニングボリュームの4つの指標

筋肥大を促す刺激として、トレーニングボリュームは最も重視すべき要素です。 しかし、どれくらいの量のトレーニングを行ったら良いかということを知らないと、十分な筋肥大が起こらなかったり、疲労しすぎたりしてしまいます。 この記事でのトレーニン...
プログラム

セット間のインターバルは短いのと長いのとどちらが良いか

筋肥大目的にはインターバルを短く、筋力強化目的にはインターバルを長くするということがよく言われますが、実際のところ、インターバルとトレーニング効果にはどのような関係があるのでしょうか。
プログラム

10セットと5セットの比較~筋力と筋肥大の影響~

1つのエクササイズにつき複数セットを行うことで、1セットだけよりも筋肥大効果が増すことが知られています。しかし、やみくもにセット数を増やすと疲労が過度に溜まってしまいます。それでは、いったい何セット程度が最適なのでしょうか。今回はこの辺りに...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました