プログラム

スポンサーリンク
プログラム

セット間のインターバルは短いのと長いのとどちらが良いか

筋肥大目的にはインターバルを短く、筋力強化目的にはインターバルを長くするということがよく言われますが、実際のところ、インターバルとトレーニング効果にはどのような関係があるのでしょうか。
プログラム

10セットと5セットの比較~筋力と筋肥大の影響~

1つのエクササイズにつき複数セットを行うことで、1セットだけよりも筋肥大効果が増すことが知られています。しかし、やみくもにセット数を増やすと疲労が過度に溜まってしまいます。それでは、いったい何セット程度が最適なのでしょうか。今回はこの辺りに...
プログラム

ワークアウトのエクササイズの選び方

ワークアウトのルーティンを決めるにあたって、セット数やレップレンジやワークアウトの頻度も大切ですが、どの種目を選択するかというのも重要な問題です。
プログラム

最適なワークアウトの頻度とは

週に何回ワークアウトを行うのが最適なのでしょうか?頻繁に議論されるこの問題について、今回は考えてみたいと思います。
プログラム

漸進性過負荷の法則の実践的ガイドライン

漸進性過負荷の法則はトレーニングで進歩を続ける上で欠かすことのできない絶対的な法則です。今回はこの漸進性過負荷の法則について、その理論や実践的な内容を詳しく解説していきたいと思います。
プログラム

トレーニングの「強度」と「ボリューム」について

パフォーマンス改善のためのトレーニングの目的は、ストレス理論でいうところの「疲労期」に至ることなく適応を促すことです。適切なプログラムは、ボリュームと強度をコントロールすることで、この目的を達成するようデザインされています。ボリュームと強度...
プログラム

ワークアウトのストレスからの回復に影響する要素

ホメオスタシスが乱れた状態から適応を促すには、回復が不可欠な要素です。回復には、ワークアウト同士の間隔という時間的要素だけでなく、複数の要素が影響します。トレーニングで結果を出すためにも、オーバートレーニングを避けるためにも、回復に影響する...
プログラム

オーバートレーニングについて

トレーニングで成長をもたらすには、ストレスをかけて適応を促すことが必要ですが、過剰なストレスはオーバートレーニングをもたらします。今回はオーバートレーニングについての理解を深めていきたいと思います。
プログラム

トレーニングにおけるストレスと適応について

効果的なトレーニングのためには、ストレスとそれによる回復の反応について理解しておく必要があります。ストレスがかかった後に生体に起こる変化を理解することで、トレーニングで筋力が向上したり、オーバートレーニングが起こる仕組みがわかるようになると...
プログラム

各段階における理論的なトレーニングプログラムの特徴

自身が遺伝的限界にどれくらい近づいているかによって、成長の速度や、必要とされるトレーニングプログラムの複雑さは全く異なってきます。最適なプログラムを作るためには、それぞれの時期の特徴を理解し、自分がどの段階にいるかを見極める必要があります。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました