下半身

スポンサーリンク
下半身

スクワットのスティッキングポイントを通過するための技術論

スクワットに失敗するパターンの多くは、ボトムポジションから全く立ち上がれないか、スティッキングポイントを超えられないかの2つです。 ボトムポジションから立ち上がれないのは単純に筋力の問題であることが多いですが、スティッキングポイントを超えら...
下半身

スクワット中に胸椎を曲げないために意識すること

胸椎がニュートラルポジションを保てていないサイン 下の図の左側は脊椎がニュートラルポジションを保った良い姿勢です。 しかし、右側は胸椎が屈曲して背中が丸まってしまっています。 スクワット中には、脊椎はニュートラルポジションを保つことが重要...
下半身

安全に高重量を上げるための体幹の締め(bracing)について

ブレイシング(bracing)の重要性 筋力トレーニングにおいて、ブレイシングとは、体幹を引き締めることです。 スクワットに限らず、多くの筋力トレーニング種目において、体幹を締めることは重要です。 人体の力の基点となるのは骨盤です。そして、...
下半身

4つの種目でハムストリングスを満遍なく鍛えよう

ハムストリングスの働き ハムストリングスは大腿部背側にある筋肉群のことです。主な働きは股関節の伸展と膝関節の屈曲です。 この筋肉は、前十字靭帯の安定化に関与したり、スプリントで最も重要な筋肉のひとつであり、アスリートはしっかり鍛錬しておく...
下半身

グッドモーニングスクワットの原因と矯正法

スクワットで陥りやすい失敗のひとつにグッドモーニングスクワットがあります。今回はグッドモーニングスクワットの原因、矯正法などについて考えてみたいと思います。  
下半身

スクワットだけではダメ!下半身の発達のためにお勧めの種目

下半身のトレーニングに欠かせないのはバーベルを担いで行うフルスクワットだというのは周知の事実です。スクワットは高重量を扱うことができ、関わる筋肉も多いため、脚だけでなく、全身の強化・発達に非常に効果的です。しかし、スクワットだけをしていれば...
下半身

最適なスクワットの「深さ」「足幅」「足の向き」とは

下半身

脚部を鍛えるのに最適な種目とは?

今回はさまざまなエクササイズによって大腿四頭筋、臀筋群、ハムストリングスが、筋電図上でどれくらい刺激されるかを調べた結果についてのまとめです。 参考:
下半身

フロントスクワットのやり方・フォームについて

フロントスクワットはバックスクワットと比較して少し慣れるまで時間がかかる種目と言われます。今回はフロントスクワットのやり方をポイントを絞って解説していこうと思います。
下半身

フロントスクワットとバックスクワットの違いについて

フロントスクワットは他のスクワットのバリエーションとは大きく異なっています。その違いは根本的にはフロントスクワットとバックスクワットのバーの位置によって生じます。今回はフロントスクワットとバックスクワットの違いを力学的な観点から考えてみたい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました