Iron Pathはフォームチェックにお勧めのアプリ

SNSフォローボタン

フォローする

筋トレで重要なフォームチェック。みなさん毎回やっていますか?

今回はそんなフォームチェックに役立つ「Iron Path」というアプリをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Iron Pathとは

Iron Path

Iron Pathは、動画の中でのバーベルの動きを追跡して、線として表してくれるアプリです。

Iron Path

スロー再生機能もついています。

無料版の機能に加えて、有料版である「Iron Path Pro」の方では、さらに、速度や加速度や距離も算出してくれる機能もついているようです。

さらに課金すれば、それらの数値を図表にまとめてくれる機能も使えるようです。

使い方は簡単です。

最初に、動画を新しく撮るか、既存の動画を選択します。

その後、動画の中のバーベルの位置と画面内の白いリングの位置を合わせるだけです。

Iron Path

使ってみた感想

今回は無料版での使用ですが、率直な感想としては「すごく良い」です。

何より良い点は、毎回のフォームチェックがとても楽しくなることでした。

フォームチェックが楽しくなるので、チェックする機会も増え、それによってフォームの安定化につながると思います。

実際に自身のバーベルの軌道を目に見える形で確認すると、こんなにもイメージとは違っていたのかと驚きました。フォームのばらつきも重量が増すごとに出やすくなることも、このアプリがあればはっきり目で見てとれました。

自分は無料版の機能だけで十分だと感じましたが、本格的にウエイトリフティングをやっている人は有料版も導入しても良いかもしれません。

不満に思った点としては、ラックにバーベルをセットされた状態から軌道のトレースが開始されてしまう点です。トレースを開始する時点を選べたら無駄な線が出なくてさらに良いのにと思いました。(対応策として、最初に動画を撮影した段階で、不要なシーンをカットしておくと良いです)

あと、このアプリはウエイトプレートでバーの位置を認識しているようなので、今のところウエイトトレーニングでしか使用できません。自重トレーニングでも導入できれば楽しいのにな、と思いました。

まとめ

Iron Pathは、無料で簡単に使えるフォームチェックにお勧めのアプリです。

ウエイトトレーニングでのフォーム改善のためにぜひ導入してみてください。

Copyright secured by Digiprove © 2016
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク