本気で肉体改造するならスクワット!その効果とは

SNSフォローボタン

フォローする

今回はエクササイズの王様と言われるスクワットについてです。非常に優秀なその効果をまとめました。下半身のトレーニングはどうしてもおろそかになりがちですが、さすがに王様といわれるだけあって素晴らしい効果が望めるのでぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

スクワットの効果

スクワットは脚のトレーニング…。いえいえそれだけではありません。スクワットには非常に多くの効果があります。

全身のパワーの強化

Starting Strength (English Edition) 』というトレーニングについての世界的名著によると、スクワットの最大の意義は、hip drive(ヒップドライブ)を直接的かつ段階的に鍛えられる唯一の全身運動であるということです。

ヒップドライブとは何なのか。聞きなれない言葉かもしれませんが、これは主にハムストリングス、臀筋群、内転筋群などの股関節を伸展する背面の筋群によって形成される動力回路のことを指します。この動力回路は主に股関節を伸ばす力を生み出します。ダウンロード

股関節の伸展

ヒップドライブは走る、跳ぶ、引く、押すなど下半身を使うありとあらゆる動作を引き起こす時に使われ、日常生活動作やスポーツの動作のほとんど全ての基盤となります。

ダウンロード (1)

また、スクワットのしゃがむという動作によって股関節は大きく屈曲し、股関節を伸展する筋肉群がいったん引き伸ばされます。筋肉というものは一度引き伸ばされることで、まるでゴムのように大きな収縮力を発揮します(この現象をストレッチ・ショートニング・サイクルといいます)この原理も効果的にヒップドライブを強化することにつながります。

このようにスクワットは、股関節を大きく曲げたり伸ばしたりすることで、他のエクササイズに類を見ないほどヒップドライブを最大限に鍛えることができるのです。

股関節は骨盤と直結しています。骨盤は人体の解剖学的な中心であり、力の源です。スクワットでヒップドライブを鍛えることはまさに体のコアを鍛えることとなり、ひいては全身のパワーアップにつながるのです。

スクワットをすることであらゆるスポーツでの動きが強化されます。筋トレにおいても他のトレーニング種目の記録にも確実に良い影響を及ぼしてくれます。スクワットこそよっぽどコアトレーニングという名称がふさわしいと言えます。

効率良く肉体改造できる

スクワットは複合関節種目(コンパウンド種目)といって、一度に多くの筋群を鍛える運動です。下半身の筋群はもちろんのこと、姿勢保持のためなどで腹筋や背筋など非常に多くの筋群が動員されます。よくスクワットはたった15回でも腹筋運動500回に相当するといわれるのはこういう理由です。多くの筋群が鍛えられるということはその分多くの成長ホルモンが分泌されやすいということです。成長ホルモンが多く分泌されるということは、つまり効率的に筋肉をつけて脂肪を減らしやすいということです。

ダイエット目的の人も

images

筋肉をつけてかっこいい体になりたい人もこれを見逃す手はありません。

images (1)

心肺機能の強化

スクワットほどタフな種目はありません。扱える重量も大きくなりますし、可動域も非常に大きいです。大きな重量を長い距離動かすということは物理的に仕事量が大きいということです。それに伴って体に大きな負荷がかかります。スクワットを本気でやった後はしばらく肩で息をするほどになると思います。このようにスクワットには全身の心肺機能を高める効果もあります。

骨の強化

重力に逆らって強い負荷がかかるスクワットには全身の骨格を強化する効果があります。骨粗鬆症の予防を強力にサポートしてくれます。

関節の強化

膝関節、股関節、足関節、脊椎の椎間関節などスクワットで関節も強化されます。

体幹の強化

スクワットでは体のバランスをとるために腹筋や背筋が強力に刺激されます。これによって強い体幹が作られ、スポーツで有利に働くとともに、日常生活においてもバランスが強化されるなど良い影響が得られます。

精神の強化

下半身のトレーニングはしんどいし苦手という人も多いようです。一般的なスポーツジムのレベルでは女性はおろか男性でも真剣に取り組んでいる人はそう多くありません。

確かにスクワットはしんどいです。最初は私も苦手でした。しかし、本気でスクワットをやり終えた後の達成感・爽快感は他のトレーニング種目の後のものとは違って何ともいえないものがあります。立ち向かってこそ得られるものも大きいはずです。

まとめ

スクワットはしゃがむという非常にシンプルな動作ですが、上記のようにいくつもの素晴らしい効果があります。多くのトレーニングプログラムでスクワットが外せない種目となっていることからもその効果と重要性が納得していただけると思います。

最初は無理をせず少しずつでも良いのでぜひ積極的にスクワットに挑戦してみてください。

フォームについてはこちらの記事を参考にしてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク