渋谷優輝さんのスクワットのレクチャー動画レビュー

SNSフォローボタン

フォローする

今回は有名な筋トレYou tuberのKanekinさんがUPしてくださった動画を紹介したいと思います。

動画は日本のトップレベルのパワーリフターである渋谷優輝さんがスクワットについて実践しながら解説してくれているというものです。

この動画のすごいところはパーソナルトレーナーでもあり、スクワットの日本記録も樹立した渋谷さんが、You tubeという無料で一般公開されている動画サイト上で惜しげもなく丁寧にスクワットのコツを指導してくれているということです。

解説内容はもちろん、ご自身のスクワットのフォーム、人柄、容姿などどれも素晴らしいので、ぜひ一度動画をご覧いただけたらと思います。

渋谷さんのTwitter:https://twitter.com/0703Shibuya
KanekinさんのFacebook: https://www.facebook.com/kanekinfitness/
KanekinさんのTwitter: https://twitter.com/KanekinFitness

スポンサーリンク

動画のタイムライン

0:59 ストレッチ。スクワット、ベンチプレス、デッドリフトで内容は少し異なる。臀部のストレッチを入念に行う。肩まわりのストレッチも十分にしておかないと担ぎが安定しない。

2:08 ウォームアップ。バーのみ×3。(股関節のストレッチも兼ねているようです)

2:54 ギアについて。リストラップ、ニーラップ、ベルトを使用。リストラップは手首の保護に加えて、フォームの安定化も目的としている。

渋谷さんはこちらのギアを使用されているようです。

【90cm】ゴールドリストラップ 90cm

価格:7,000円
(2016/6/13 16:53時点)

(リストラップは長めのものを使用されているとのことです)

鬼スリーブIPF公認

Titan Texas Bravo Powerlifting Belt

リーボック Reebok CrossFit Lifter Plus 2.0 クロスフィット リフター White Black Porcelain ホワイト ロー スニーカー シューズ 靴 メンズ 正規品 直輸入 リリカ

 

3:15 ウォームアップ。70㎏×4。

3:58  ベルトの巻き方。腰骨にかけるようにやや下目に巻く。スクワットの直前にさらに前部を下側に押し下げる。腹部を下から上げるようにして、それを腹筋で押さえる。

4:33 グリップ幅について。81cmラインに小指がかかる程度。

6:35 ウォームアップ。120㎏×3。

6:55 しゃがむ深さについて。パワーリフティングの競技ルール通り、股関節が膝より下に来るまでを目安にしている。ボトムでストップはしない。ただし練習の時はバリエーションでボトムでストップすることもある。

7:18 インターバルについて。呼吸が整うまで。

7:28 ニースリーブ装着。

7:35 シューズについて。踵が高く、底が固いもの。デッドリフトでは別の底がフラットなシューズを使う。

渋谷さんはデッドリフトのトレーニングではこれを使用しているそうです。

K1007w 建さん作業靴 | ワークマン

価格:680円
(2016/6/13 17:12時点)

8:12 1セット目。150㎏×5。(65%×5)

10:04 2セット目。165㎏×5。(70%×5)

10:35 視線について。上は見過ぎない。3mくらい先を見る。視線が上がると腹圧が抜ける。顎は上げないように。

11:42 ベルトの締め方について。上腹部に空気が溜まる感じ。そこを腹筋でグッと締める。ベルトは下腹からかかるように。

12:05 ラックアップについて。重心は踵に乗るような位置。そこから背骨からバーを一直線にする。前かがみになるとバーを担いでいるだけで下背部に負担がかかってしまう。

14:02 3セット目。175㎏×5。(75%×5)

14:35 リストラップについて。少し手首にかかるくらいの位置に巻く。軽く巻いて、最後に親指にかけたゴムを外す。

16:50 下がり方について。ラックアップ後、2歩で下がって、2歩でスタンスを決める。

17:15 4セット目。185㎏×5。(80%×5)

17:51 Butt winkといってボトムでお尻がお辞儀することを防ぐためには。体が起きすぎると、しゃがんだ時に膝が前に出やすく、腰が丸まりやすくなる。膝をしっかり外側へ開いて、つま先と同じ方向を向けるようにする。

21:17 5セット目。200㎏×5。(85%×5)

感想

トップレベルの選手ともなるとフォームの安定感が全然違うことに驚きました。基本のフォームも安定していますが、それが崩れないのがすごいです。

バーのみのフォームと最終セットのフォームがほとんど変わりません。高重量になると立ち上がる時に前に重心がぶれやすいですが、それもほとんど見られません。顔の位置も動かないので脊椎が終始ニュートラルポジションに維持されています。

あとは1セット毎の集中力も注目に値すると思います。インターバル中はおどけていたりしても、セットに入る直前にはピンと張りつめた雰囲気になるところはやはり一流選手だなと思います。

本当に価値のあるためになる動画でした。

みなさんもぜひこちらの動画を見てみてください。あと、どんどんこの動画を仲間にシェアしたり、Kanekinさんや渋谷さんのSNSをフォローしてみてくださいね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク