なぜトレーニングが続かないのか?考えるべき原因と対処法

SNSフォローボタン

フォローする

いざ思い立って始めてはみたが、結局筋トレやダイエットが続かない・・・今までと同じ三日坊主・・・そんな悩みを抱えている人は少なくないと思います。

いったいなぜ続かないのか。そして、続けるためにはどうしたら良いのか。今回はそのことについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

成果が出なければ続かない

ama_m01

やってもやっても結果が出ない場合、モチベーションは上がりません。

何事においても努力が報われるからこそまた次もやってみようと思うわけで、いつまでも結果が出なければやる気は自然となくなっていきます。(モチベーションについて

ここで、なぜ結果が出ないのか、その原因をはっきりさせておく必要があります。原因がわかればその対策も立てられる、というわけです。

方法が間違っていないか?

MAX85_yacchimatta14095526_TP_V1

方法が間違っていては望む結果は得られません。まずは自分がやっている方法が正しいかどうかを見直してみましょう。

きちんとトレーニングできているか、きちんと食べているか、きちんと寝ているか?

この3つを自問自答してみてください。トレーニング、栄養、休養の3本の柱がしっかり揃って初めて肉体改造は成り立つということを忘れないでください。

成果は出ているが気づかないだけではないか?

PAK23_soudapon20140503_TP_V1

トレーニングの結果というのはすぐには目に見えて現れません

初心者は無駄に焦ったり嘆いたりしないように必ずこのことを理解しておく必要があります。

早くても1か月くらいは人から『引き締まったね』とか『筋肉ついたね』と言われることはないでしょう。

しかし、トレーニングしている限り確実に体は変わっています。ただその変化が小さくて気づきにくいだけです。

もっと自分の変化に注意してみてください。

体重が少し変わってきていませんか?

トレーニングの記録がわずかずつでも伸びてきていませんか?

体の見た目は大きくは変わりなくても、ゆっくりとしかし着実に変化は出てきているはずです。その小さな変化に気づくことができれば成果を実感でき、モチベーションを維持しやすくなります

トレーニングの優先順位が低い

omori160214590I9A8417_TP_V1

トレーニングする時間がない、場所がない、お金がない。トレーニングが続かない理由としてこれらはよく聞かれます。

しかし、本当にそうでしょうか?

1日30分を週に2回だけでも良いので、トレーニングにかけられる時間はないですか?

確かにジムにいって本格的に鍛えようと思うと敷居が高いかもしれませんが、自重トレーニングならばいつでもどこでも無料でできます。

本当はできるのにしようとしない。その理由は何でしょうか。

気合が足りない、怠けているだけ・・・そういう精神論的な理由はあるかもしれません。

確かにトレーニング自体は楽なものではありません。体に負荷をかけるため一時的には苦痛を伴う行為です。(だからこそ怠けようとする自分を奮い立たせて行うことで得られる成果は、単なる娯楽では得られない価値があるのですが)

最も根本的な問題点は『トレーニングの優先順位が低いこと』です。

明確なビジョンをもつ

150415342006_TP_V1

なぜ優先順位が低いのか。

その原因は自身の中でのトレーニングに対する意義がはっきりしていないことです。

自分がなぜトレーニングをするのか、トレーニングをしてどうなりたいのかというビジョンが曖昧なのです。

『あなたがトレーニングをする理由は何ですか?』

『自分の体のどこをどう変えたいですか?』

あなたはこれらの質問に答えられますか?

もしこの質問に答えられるのならば心配無用です。

答えられない場合は、自分の心の奥底に眠っているその理由に耳を傾けてみましょう。

カッコ良くなって自分に自信をつけたい、モテたい、スポーツで成果を出してみんなから認められたい、太っていたりガリガリだったりといった体型のコンプレックスを克服したい、自分をバカにした人を見返したい、純粋にトレーニングが楽しいからもっと極めたい

トレーニングする理由としては多くの人はこれらのうちのどれかが当てはまるのではないでしょうか?

理由や目標もないまま頑張ることはできませんが、それらがわかれば、トレーニングに対する意識が変わるはずです。あとはひたすら頑張るだけです。

そうすると今度はトレーニングするための環境を整えようということになります。

環境を整えることの重要性

トレーニングに対する意識が変わった。あとはやるだけ。

理想を言えば週に2~3回はジムに通ってみっちりトレーニングしたい。睡眠時間だって毎日8時間確保したい。

しかし大多数の人にとってはそんなことは望んでも難しいでしょう。仕事、家事、他の人との付き合いなど、自分ではコントロールできない様々な要因が妨げとなることがほとんどです。

トレーニングに集中するための時間の確保、場所の確保、家族など周囲の人々の理解などのトレーニングを行うための基盤となる環境の整備は重要です。

日常生活に支障を来さない範囲でいかに上手に自分の生活にトレーニングを組み込んでいくかという考え方が大切です。

時間は作るもの

AL202syazai320140830164943_TP_V1

時間は誰しも平等にしかありません。とかく現代人は忙しく、仕事に家事にと日々時間が飛ぶように過ぎ去っていきます。

空き時間は待っていてもなかなか生まれてきません。そこで、トレーニングという自分を高める行為に使う時間を、そうでない行為に浪費していた時間から捻出しましょう。

ダラダラとテレビを観たり、雑誌を読んだり、スマホをいじったりしていた無駄な時間を止めてみてください。もしお酒を飲むなら、その回数は少し減らせないでしょうか?

意識すれば30分くらいなら時間が作れるのではないでしょうか。

「いかに無駄を削って、やらなくて良いことはやらずに済ますか」という意識をもつことは時間管理において重要です。

まとめ

家族・友人・仕事や学業など自分でコントロールできない時間を嘆いても仕方がありません。与えられた環境の中でどこまで自分の理想のレベルに近づけられるか、知恵を絞って工夫しましょう。

運動、栄養、休養の3点を正しい方法で改善していけば、結果は必ず自分の肉体の変化となって表れてきます。

良い結果が出ればモチベーションも上がり、自然と継続できるようになります。

可能な範囲で少しでも自分を高めるために日々試行錯誤しながら前進していくのです。

「志を高くもって、自分の置かれた環境においての最善を追求し続けること」、これを決して忘れないでください。

大丈夫です。正しい努力を続ければ結果は必ずついてきます。

Copyright secured by Digiprove © 2016
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク